« 今日の飛びもの 軽飛行機 | トップページ | 今日の飛びもの 成田空港発ヨーロッパ便 »

2011/10/03

トヨタがフレックス車を国内販売か?

111003_1

今日は七十二候の「水始めて涸る」。例年よりも早く各地で初雪。

上空に寒気が入って放射冷却で冷え込んだので、この秋一番の冷え込み。朝の散歩は寒かった。

今日は創業記念日でお休み。グランドサンが40日ほどの滞在で自分の家に帰っていった。

近くの畑で、ラッカセイのナカテユタカの掘り出しが始まった。露地で乾燥させてから、機械で茎から落花生を外して収穫する。

トヨタが、エタノールで走るフレックス車を国内販売すると発表した。ブラジルでは既にエタノールで走ることのできるカローラを販売しているのに、今更という感じだ。

それでも、往生際が悪く発売を2020年までと、随分先の話になってしまっている。カローラだったら、すぐにでも販売できるだろう。

トヨタは色々なところから、国内でもカローラのフレックス車を売って欲しいといわれても、「石油連盟が‥‥」と訳の分からんことをいって、国内では一切売らなかったから、ここに来て何か情勢の変化があったのだろうか。

フレックス車であれば、ガソリンとエタノールの混合割合が自由になるし、純度95%程度で、水をある程度含んだエタノール(含水エタノール)で走ることができる。今は、ガソリンに混合するためにエタノールの純度を99.5%にしなければならないので、無駄なエネルギーを投入しいている。含水エタノールでよければ、エタノールの生産施設も簡素化できるなど、コストを安くできる。

|

« 今日の飛びもの 軽飛行機 | トップページ | 今日の飛びもの 成田空港発ヨーロッパ便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/52900920

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタがフレックス車を国内販売か?:

« 今日の飛びもの 軽飛行機 | トップページ | 今日の飛びもの 成田空港発ヨーロッパ便 »