« 今日の飛びもの ホシホウジャク | トップページ | 一日休養日 »

2011/10/01

映画「モテキ」

予告編を見たときは、あまり見ようと思っていなかったけれど、今週の週刊文春で八十歳に近い小林信彦が高く評価していたので、映画の日でもあったので(といってもシニア料金と同じ)近くのシネコンプレックスで映画「モテキ」を見てきた。

森山未來のモテてない三十男が、恋愛を成功させる物語なのだけれど、非常に良くできていた。コミックが原作らしいけれど、持てない男の恋愛講座というおもむきだ。

4人の女優はそれぞれ持ち味を生かしていて非常にいい。4人も若手の美人女優を出しながら、森山未來と長澤まさみが主役という贅沢なキャスティングだ。

藤本幸世のような、今風のオタクで、世間知らずで、一途にものごとに対峙したことが無い男は、女性だけでなく、世間が相手にしないだろう。運命の女性に出会うことで、脱皮していく過程が良く描かれている。

森山未來はダンスが上手なのは知っていたけれど、感心した。ミュージカルにしてしまった方が良かったかもしれないと思うほどだ。

突然持てるようになったような話かと思ったが、そうではなく、純愛物語だった。それにしても長澤まさみはエロい!きたきつねは、麻生久美子と真木よう子が良かった。

麻生久美子の牛丼の特盛を喰らう迫力は忘れられない。とても良い女だ。

真木よう子は、SPのキャラクターそのままに、飛び蹴り、パンチとM人間が見るとち感激してちびりそうになるのではないだろうか。

|

« 今日の飛びもの ホシホウジャク | トップページ | 一日休養日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/52883449

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モテキ」:

« 今日の飛びもの ホシホウジャク | トップページ | 一日休養日 »