« 落差のいらない小水力発電機 | トップページ | 湯島天神も師走 »

2011/12/07

低照度でのRICOH CX5の実力

111207_1

今日は二十四節気の「大雪」、七十二候の「空寒く冬となる」。「国際民間航空デー」。

朝の散歩は、まだ日の出前の6時過ぎで、東の空は明るくなり始めたばかりだ。今日の日の出は午前6時36分、日の入りは午後4時28分で、まだ冬至になるまで日の出は遅くなる。

昨日は雨で、地面の水分が高いので、気温が下がって地面付近に白い靄がかかっていたので、低照度に強いRICOH CX5のテストを兼ねて撮影してみた。自動ISOなので、ISO800で、シャッタースピード1/5だけれど、手ぶれ防止が良く効いているのが判る。

CX5のシーンモードの「夜景マルチショット」で撮影してみた。このモードは手振れのないシャッタースピードで連続撮影して合成処理するというもので、夜景を手持ちで撮影できる。 通常の手持ち撮影と「夜景マルチショット」はほとんど差が無かった。意外とCX5は低照度でも使えることが判った。

111207_2_2

|

« 落差のいらない小水力発電機 | トップページ | 湯島天神も師走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/53428821

この記事へのトラックバック一覧です: 低照度でのRICOH CX5の実力:

« 落差のいらない小水力発電機 | トップページ | 湯島天神も師走 »