« 今日の飛びもの ベル430(JA01AX) | トップページ | 今日の飛びもの NHKの取材(アグスタ AW139) »

2012/02/26

真壁の雛巡り2012

120226_1

今日は「2.26事件の日」、「パナマ運河開通記念日」。

ここ数年恒例になっている桜川市真壁の雛巡りに出かけた。今年は、運転手とサポート要員ということで、お雛様をほとんど見ることができなかった。

着いた時間が少し早かったので、最初は人が少なかったけれど、どんど人が増えてきて、帰る頃には大にぎわいだった。

昨年3月11日の東日本大震災で、真壁の街も被災していて、 お雛様を展示している場所は新規参入もあるけれど、参加を自粛したところもあって、例年よりも少な目だし、規模を小さくした家もあったようだ。

120226_2

大分復旧が進んだとはいえ、まだ修復に手が着かない建物も多いようで、屋根をブルーシートで覆ったところや、壁が崩れたままの建物もあった。 真壁町のランドマークになってて、雛巡りの案内所になっていた旧真壁郵便局も立ち入り禁止になっていた。

120226_3

旧町の資料館と公民館を立て替えた「真壁伝承館」が昨年の9月に完成していた。歴史資料館、ホール、図書館などが集積した施設で、真壁地区の文化の拠点になるだろう。

120226_4

真壁伝承館では、第一回企画展ということで、「足下に眠る真壁陣屋跡」と開催中だった。伝承館の敷地の下には江戸時代に真壁を支配していた笠間藩の陣屋があって、建て替えの時に発掘調査を行った時の成果を展示していた。 陣屋の跡だけでなく、古墳時代の竪穴住居や古墳も出土したということだ。

きたきつねは、伝承館周辺のジオラマが気に入った。発掘調査の時点の周囲の街並を再現している。筑波大の学生が製作中で、まだ完成していないということだ。建物壁は実際の建物の写真が使われている。

120226_6

高上町で五所駒瀧神社の真壁祇園祭に使われる山車があって、そこでお囃子と踊りの実演があった。偶然通りかかって見ることができた。 山車の上には武甕槌大神(たけきかつちのおおかみ)と要石で押さえ込まれた大鯰の人形が飾れていた。

120226_5

お囃子に合わせて、ひょっとこ踊りが始まったけれど、少年のひょっとこ踊りが絶妙でおおいに受けていた。

|

« 今日の飛びもの ベル430(JA01AX) | トップページ | 今日の飛びもの NHKの取材(アグスタ AW139) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/54084167

この記事へのトラックバック一覧です: 真壁の雛巡り2012:

« 今日の飛びもの ベル430(JA01AX) | トップページ | 今日の飛びもの NHKの取材(アグスタ AW139) »