« 乙戸沼の工事とコハクチョウの飛来数 | トップページ | 裏通りのジャンク屋を回って »

2012/02/21

地下鉄丸ノ内線がでてきた

120221_2

今日は「日刊新聞創刊の日」。

最高気温が13度と随分と気温が上がってきた。

昼の散歩の時に、聖橋からお茶の水駅の中央線の電車を見ていたら、下から地下鉄丸ノ内線がでてきた。短い区間を走ってまた本郷台地のトンネルに入り、本郷三丁目に向う。丸ノ内線は、四谷だけでなく、ここでも地上にでていたのだ。

昨日、山口県光市の母子殺害事件の死刑判決が出た。極悪非道というのはこの犯人のことをいうのだと思う。被害者の遺族の本村さんは、この判決が出るまでの13年間の苦労は計り知れないだろう。

この事件と裁判を通して、色々な事件で、犯人の人権よりも被害者の人権が無視されているという問題がクローズアップされて、裁判員制度も含め制度の改善が進んできた。さらに、判決も厳罰化する傾向がでてきた。

殺した人数で死刑にするのではなく、一人でも殺し方によっては死刑を選択することもあってもいいのではないだろうか。

東日本大震災の死者は1万5852人で、もうすぐ一年になるのに行方不明者がまだ3287人もいるのだ。

|

« 乙戸沼の工事とコハクチョウの飛来数 | トップページ | 裏通りのジャンク屋を回って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/54042746

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄丸ノ内線がでてきた:

« 乙戸沼の工事とコハクチョウの飛来数 | トップページ | 裏通りのジャンク屋を回って »