« 今日の飛びもの 海上自衛隊シーホーク SH−60J | トップページ | 東日本大震災 いわきの「歩み」と「学び」展 »

2012/02/05

アクアマリンふくしま

120205_1

ずっと行きたいと思っていた福島県いわき市小名浜の「アクアマリンふくしま」にいってきた。

去年3月の東日本大震災で地震と津波で被災していたが、大変な努力で7月に再開したということだ。

駐車場などはまだ整備が完了していないようだけれど、館内で津波のビデオや被災状況の展示を見なければ、館内は被災したことが一見するとわからないくらいだった。

エントランスでシーラカンスの権兵衛が出迎えてくれて、名刺を貰ってきた。

環境水族館ということで、なかなか良くできた水族館で、非常に満足して帰ってきた。関東・東北エリアでは見応えのある水族館の一つだと思う。

120205_2

アクアマリンふくしまのエントランス。

120205_3

アクアマリンふくしまの全景。屋根がガラス張りで、震災では一部割れたらしい。

120205_4

シーラカンスの権兵衛。

120205_8

1階の最初の展示は海.生命の進化ので、魚化石と子孫が並べて展示されていて、そこにあったシーラカンスの化石。

120205_9

出口付近にあるシーラカンスの世界で展示されていた、コモロ島で採取されたシーラカンスの標本。マリンシアターでは、シーラカンスの生きた姿の映像を見ることができる。

120205_5

黒潮水槽のイワシの群れ。マイワシとカタクチイワシの群れは壮観だ。

120205_6

バードウォッチャーのきたきつねとしては、エトピリカとウミガラスは見逃せない。葛西臨海水族園でも海鳥の展示をしていて、水の中を飛ぶ姿をみることはできるけれど、ここでは見ることができるのだろうか。

120205_7

|

« 今日の飛びもの 海上自衛隊シーホーク SH−60J | トップページ | 東日本大震災 いわきの「歩み」と「学び」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/53913280

この記事へのトラックバック一覧です: アクアマリンふくしま:

« 今日の飛びもの 海上自衛隊シーホーク SH−60J | トップページ | 東日本大震災 いわきの「歩み」と「学び」展 »