« 今日の飛びもの ユーロコプター AS350B3(JA6508)再び | トップページ | 今日の飛びもの 飛行機雲 »

2012/04/10

普通ということ

120410_1

今日は「女性の日」、「瀬戸大橋開通記念日」、「四万十の日」。

気温が高いので、昼の散歩はワイシャツ姿で。

湯島の霊雲寺の前を通ったら桜が満開だったので、寄り道。オオシマザクラのようだ。

120410_2

境内には同じ白桜だけれど、違う品種の桜があった。種類は判らない。

120410_3

もう一つ赤い花の桜もあったけれど。これも品種名は判らない。

新潮社の「波」に高橋秀実さんの「なんとか言語学」が連載されているけれど、今月は「『普通』の体質」で、「普通」ということばについて論考されている。

「普通って何だ?」という問いかけをされると、ウッと詰まってしまう。

確かに「普通」ということばは、日常よく使うけれど、「普通」の基準を厳密に考えたことは無い。というか、考えると息苦しくなるような気がする。

結論は、

 「普通」が「あまねく一般に通ずること」であるとするなら、「通貨」と呼ぶくらいで、お金こそ普通のものなのである。
 お金は「普通の媒介」。お金はあまねく通じることで、価格として物事を均質化し、物事と物事を媒介する。お金は言葉と並んで「普通」の権化なのである。目に見えない「普通」が姿を現すのが言葉とお金。となると、言葉をお金に換えて生計を立ている私などは、あまねく広がる普通にダブルに使っているわけで、過剰なまでに普通。普通に普通どころか、普通が普通で普通に生きているのであり、子供達に説明するなら「普通すぎる人」なのである。

|

« 今日の飛びもの ユーロコプター AS350B3(JA6508)再び | トップページ | 今日の飛びもの 飛行機雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/54442000

この記事へのトラックバック一覧です: 普通ということ:

« 今日の飛びもの ユーロコプター AS350B3(JA6508)再び | トップページ | 今日の飛びもの 飛行機雲 »