« 神田明神と東京スカイツリー | トップページ | 今日の飛びもの 飛行船「スヌーピーJ号」再び »

2012/04/18

固有名詞が出ない病

120418_1

今日は、「世界アマチュア無線の日」、「発明の日」。

早朝は霧が出ていた。

今日電車の中で諏訪中央病院の鎌田實名誉院長の文章を読んでいて、そういえば長野にもう一つ有名な病院があったなと、病院名を思い出そうとしたけれどなかなか思い出せない。ふと思いついたのが「鯉」という言葉、「鯉」から「信州佐久の鯉太郎」ときて「佐久総合病院」を思い出した。

関係するキーワードがちゃんと判っているのに、核心の固有名詞がでてこない。これが不思議だ。それにしても「信州佐久の鯉太郎」はなんだろう。

固有名詞のなかでも人名が酷くて、例えば1年に一度会う大先輩の名前が出てこない、毎年同じ人の名前を忘れるというのは、前世で何か因縁でもあるのだろうか。「坂井」という名前なのに、頭に浮かぶのは「源田」、「山元」とか全く関連がない(今も思い出すのにしばしかかった)。

「坂井」翁は、矍鑠として記憶抜群という風情できたきつね君と呼びかけてくる。こちらもニコニコと変わらず接しているのだけれど、頭の中はパニック。だれか、呼びかけてくれと心で念じるばかり。

明日、正式に電気事業法に基づき東京電力福島第一原発1〜4号機が「廃止」される。福島第一原発は「冷温停止」を宣言があって以降も、冷却水が止まったり、温度計が壊れたりと決して楽観できる状態にない。

これから廃炉に向けて進むのだろうけれど、廃炉した際にでる放射能で汚染した廃棄物の最終処分まで完結できる可能性はあるのだろうか。

|

« 神田明神と東京スカイツリー | トップページ | 今日の飛びもの 飛行船「スヌーピーJ号」再び »

コメント

きたきつねさん、
久しぶりのスクヴィで安心しました。
このところ日本の製造業者の中国詣でが盛んなようです。電力を懸念して製造を近くの海外にシフトするためのようです。脱原発でゆくにしても、原発再稼動するにしても、
コストをエンドユーザーに押し付ける姿勢では、同じことだと思いますが、、

投稿: かんてつ | 2012/04/19 08:10

かんてつさん

なんだか気持ちが忙しくてレスが遅くなりました。

中国は電力不足で、地域によっては停電や計画停電が常態化しているのではないでしょうか。

それよりも中国の社会的なリスクのほうが大きいと思うのですが・・・・

投稿: きたきつね | 2012/05/08 09:43

きたきつねさん、
知り合いの上海の日系のプレスやさんによると
このところ、日本からの引き合いで忙しいそうです。
上海と近郊のハンゾウ、ニンポウあたりの地域は、安定しているのでしょうか?
別コラムで増値税にも触れられていましたが、件のプレスやさんによると、
役人天国で、付き合いが難しいところもあるようです。
この辺が、中国のカントリーリスクのトップかも、、

投稿: かんてつ | 2012/05/08 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/54504268

この記事へのトラックバック一覧です: 固有名詞が出ない病:

« 神田明神と東京スカイツリー | トップページ | 今日の飛びもの 飛行船「スヌーピーJ号」再び »