« 青によし | トップページ | 元興寺の地蔵会 »

2012/08/23

奈良でベトナム麺

120823_5

昼食は、近鉄奈良駅か近くの東向商店街のベトナム料理の「コムゴン」でバインカンランチ(880円)。ホーは食べたことがあるので、違うものにしてみた。

空いているかと思ったけれど、ちょっと待つことになった。隣になったグループはベトナムの若い女性達が何か知らないデザートを食べていた。

バインカンというのは、米粉にタピオカ粉を多めに混ぜ手作った麺ということで、盛岡冷麺ほどの硬さは無いけれど、モチモチの食感の麺で、旨い。

120823_6

夜の懇親会では、大和肉鶏の薫製がでた。これは、旨味と、適度な弾力と硬さがあって、うまい肉だった。

名古屋コーチンとニューハンプシャー、シャモを交配した肉用の鶏ということで、地域ブランドの高級肉らしい。

普通に売られている鶏肉は、ブロイラーで生後7から8週間で出荷されるけれど、大和肉鶏は17週間飼育されて出荷されるので、旨味成分が増えて、肉の締まりが良くなるのだろう。

|

« 青によし | トップページ | 元興寺の地蔵会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/55514133

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良でベトナム麺:

« 青によし | トップページ | 元興寺の地蔵会 »