« 元興寺の地蔵会 | トップページ | 汗をかきながら里山散歩 »

2012/08/24

何故か橿原考古学研究所内に潜入

120824_0

今日は旧暦7月7日で七夕。

会議終了後、駅に向う途中橿原考古学研究所に連れて行ってもらった。

時間がほとんどなかったので、駆け足で研究所内を見学させてもらい、30分だけ付属博物館で開催中の「大和を掘る 30 −2011年度発掘調査速報展−」のポイントを学芸員の説明付きで見ることができた。

奈良県は、文化財の上で暮らしているといっても良いくらいの土地なので、県立でこれほどの規模の研究所があるのだと思う。でも、運営は大変だろう。

120824_1

遺物収蔵庫は、天井までコンテナに入った遺物でいっぱいだった。

120824_2

整理作業室では、土器の修復作業を見学。小さな土器片などに記号を手書きするのは困難なので、工業用のインクジェットプリンターが使われているのには驚いた。

120824_3

帰りの駅に着いたときは、パラパラと雨が落ちてきたのだけれど、切符を買ってホームに出たとたん土砂降り。ほんの数分の差で、ずぶ濡れになるところだった。

|

« 元興寺の地蔵会 | トップページ | 汗をかきながら里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/55514677

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か橿原考古学研究所内に潜入:

« 元興寺の地蔵会 | トップページ | 汗をかきながら里山散歩 »