« 十五夜の月 | トップページ | 下町風俗資料館 »

2012/08/02

青山杉雨の眼と書

120802_1

午前中休みを取って、東京国立博物館で開催中の特別展「青山杉雨の眼と書」を見に行ってきた。

わが国を代表する書家の青山杉雨の主要作品と中国書画や文房四宝のコレクションを中心にした展示会で、前半で展示されていた青山杉雨が影響を受けた明清代の書画もなかなか素晴らしいものだった。

全部で360点近くの展示で、満腹でちょっと消化不良気味で見終わった。

いつも書の展示をみると、我流でなくちゃんとした字が書けるようになりたいと思う。今度こそ、じぶんの名前くらい、楷書と行書で書けるようになりたいので、習いに行こうと思う。

120802_2

魚眼レンズで本館のエントランスから入り口方向を撮ってみた。

120802_3

本館の全景。

120802_4

工事が続いていた上野公園も工事も終わりそうだ。都立美術館の近くにスターバックスが出現していた。

120802_5

花園神社の参道。

|

« 十五夜の月 | トップページ | 下町風俗資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/55338537

この記事へのトラックバック一覧です: 青山杉雨の眼と書:

« 十五夜の月 | トップページ | 下町風俗資料館 »