« 今日の飛びもの アエロスパシアル AS355F2(JA6697) | トップページ | 案山子がお出迎え »

2012/08/17

カンムリツクシガモ見参

120817_1

世界に3体しか無いカンムリツクシガモの標本が50年振りに展示されているというので、昼休みに東京大学総合研究博物館にいってきた。

日本鳥学会が今年100周年を記念した展示で、今日から9月21日まで貴重な資料が見ることができる。このチャンスを逃すと次は国立科学博物館で10月6日から始まる企画展「鳥類の多様性」になる。

その後は、いつになるか判らないだろう。国立科学博物館には幻の絶滅鳥ミヤコショウビンの標本が展示される。ミヤコショウビンの標本は、山階鳥類研究所の標本庫で見たことがあるんだぜ。

120817_5

展示室は、小振りだけれど、この中には宝が詰まっている。

120817_2

ヤンバルクイナのタイプ標本。

120817_3

コゲラの9種類の亜種が展示されていて、右が亜種エゾコゲラ、左が亜種コゲラ。ベルクマンの法則に従ってエゾコゲラの方が大きい?

120817_4

マダガスカル沖のモーリシャス島に生息して絶滅した幻のドードーの骨の一部。

|

« 今日の飛びもの アエロスパシアル AS355F2(JA6697) | トップページ | 案山子がお出迎え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/55446324

この記事へのトラックバック一覧です: カンムリツクシガモ見参:

« 今日の飛びもの アエロスパシアル AS355F2(JA6697) | トップページ | 案山子がお出迎え »