« 今日の飛びもの 陸上自衛隊のAH-1Sコブラ | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警の「ひばり」 »

2012/10/22

理科系と文科系(?)の文章

121022_1

今日は「平安遷都の日」。

帰り道キンモクセイの香りが強いので、探してみた。確か、この木はひと月程前にと通った時にも花が咲いていたはずだ。二度咲きなのだろうか。

先日、東北地方の大学の農学部()を定年退職した名誉教授から随筆集を貰った。その本を読み終えた直後、近くの図書館のリサイクル本の箱から赤瀬川原平の「じろじろ日記」を貰ってきて読んだのだけれど、理科系と文科系(?)の文章の違いがあまりにもあるので笑ってしまった。

赤瀬川原平の随筆は何でもありの縦横無尽、口からで任せ、カラスが黒いのは白い糞をするからなどと平気で書いてしまう。それが悪いという訳ではなく、思いつきで、筆の走るままでもいいという自由な世界だ。あははと笑って読めばいいのだろう。

それに反して、理科系の名誉教授の文章は、学術論文ではないから、くだけた内容なのだけれど、分からないことは調べて、曖昧なことは書かない、理科系のきたきつねには非常に安心して読むことができた。

|

« 今日の飛びもの 陸上自衛隊のAH-1Sコブラ | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警の「ひばり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/55950363

この記事へのトラックバック一覧です: 理科系と文科系(?)の文章:

« 今日の飛びもの 陸上自衛隊のAH-1Sコブラ | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警の「ひばり」 »