« 今日の飛びもの 白鳥の立体凧 | トップページ | 奇麗な朝焼け »

2012/11/04

PENTAX Q+マウントアダプターQ

121104_9

ようやくPENTAX QにKマウントレンズを付けることができる「PENTAX Kマウントレンズ用マウントアダプタ Q」 が発売された。

PENTAX Qは、レンズの種類が少ないし、サードパーティーがレンズを出す可能性は限りなくゼロに近いので、Kマウントレンズが使えるようにして欲しいという要望は多かった。

サードパーティーからPENTAX Q用のマウントアダプターは発売されているけれど、PENTAX Qはマニュアルモードでは電子シャッターになるので、カメラブレを起こしたり露光中に被写体が動くと、被写体が歪む現象が起こるという問題があった。

「マウントアダプターQ」は、アダプター内にメカニカルシャッター機構を内蔵しているので、奇麗な写真が撮れるようになった。

PENTAX Qは、35mm判換算でレンズ表記の5.5倍相当の焦点距離になるので、50mmレンズでは275mmの望遠レンズになる。

「マウントアダプターQ」を使えるようにするには、まずファームウェアを1.01から1.10にアップデートしなければならない。

新しいファームウェアで、アダプター内にメカニカルシャッター機構が動くようになるのと、焦点距離による手振れ防止機能の設定ができるようになった。

121104_10

テストのために、Amazonで一番安いKマウントのズームレンズのTAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICAL [IF] MACRO デジタル専用 ペンタックス用 A14Pを一緒に買って付けてみた。

このレンズを使うと、焦点距離は35mm判換算で99mm〜1100mmの超望遠ズームになる。マクロレンズにも使えるので、恐ろしいカメラが出現したことになる。

カメラの電源を入れると、最初にレンズの焦点距離を入力する画面がでてくるので、1100mmに設定して、テストのために屋外に。

121104_11

テストで、ズームを1100mmにして池のカルガモを手持ちで撮ってみた。

実は、頼んでいた「PENTAX 三脚座」が届かなかったので、三脚に付けることができなかったというのが、手持ちの理由だ。

フォーカスエイドでピントを合わせるけれど、手持ちだと非常に難しいし、ピントの山がはっきりしない。エイヤと決めてシャッターを押した結果、天気が良かったので、なんとか見ることのできる画像になった。1100mmで手振れ防止機能が効くとは思わない。

121104_12

次は、さらに遠くにいたコブハクチョウを撮ってみたけれど、もっとピント合わせが難しかった。三脚を使えば楽だろう。

121104_13

建物の屋根を撮ってみたけれど、それほどブレていないと思う。

121104_14

蛍光灯の照明で、室内で、1100mmで試し撮り。シャッタースピードが遅いので、やはりブレてしまった。

121104_15

夜になって、「PENTAX 三脚座」が届いた。マウントアダプターが大きいので、カメラの三脚ネジが使えないので、三脚座が必須だ。

121104_16

マウントアダプターに三脚座を付けて、これで三脚が使える。

新しいPENTAX Q10が発売されたので、PENTAX デジタル一眼 Q レンズキットは、2万円台になっているので、Kマウントレンズを持っているならば、5万円以下でカメラとマウントアダプターが手に入るので、是非おすすめだ。

|

« 今日の飛びもの 白鳥の立体凧 | トップページ | 奇麗な朝焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/56050875

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX Q+マウントアダプターQ:

« 今日の飛びもの 白鳥の立体凧 | トップページ | 奇麗な朝焼け »