« 今日の飛びもの モーターパラグライダー | トップページ | 久しぶりの虎ノ門 »

2012/12/03

寒さが身にしみる

121203_1

今日は「国際障害者デー」、「自動車電話の日」。

午前中暖房を入れていても、休みの間に建物が冷えきっていたので、背中がスースーして寒かった。秋が暖かすぎた分、ちょっとした寒さが身にしみるようだ。

昨日の中央自動車道の笹子トンネルの天井崩落事故のニュースをみながら、最近の首都圏のJRや地下鉄などの信号故障や架線トラブルなども含めて、戦後の急成長期に整備してきたインフラの劣化が始まってきているのではと感じた。

何十年も事故も起こさず維持管理してきているけれど、やはり基盤部分のリノベーションはできないので、いつかは問題を起こすことになるのではないか。

一時期に集中して整備が行われたこともあるから、ある時期を境に一気に問題が起こる可能性も否定できない。

原発も同じで、特に中心部の原子炉部分は部品の交換が困難な場所も多いから、地震などがなくても、破壊する可能性もあるだろう。

これから修理の時代になるのだろうか。

|

« 今日の飛びもの モーターパラグライダー | トップページ | 久しぶりの虎ノ門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/56246405

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さが身にしみる:

« 今日の飛びもの モーターパラグライダー | トップページ | 久しぶりの虎ノ門 »