« サロマ湖の牡蠣を堪能 | トップページ | 今日の飛びもの BELL412EP(JA6767) »

2012/12/23

映画「レ・ミレザブル」

121223_4

昨日公開のミュージカル映画「レ・ミレザブル」を見てきた。

ミュージカルだけれど舞台ではできない映画ならではの迫力ある映像だ。冒頭の囚人が船をドックに引き込む場面は、良い。

後半はちょっと間延びして冗長な感じ。

予告編でメーキングを見せているのがあったけれど、歌を事前録音で撮影時に口パクが普通らしいけれど、この映画では演技をしながら歌うという新機軸を採用したらしい。

それは成功している。

なによりも、キリスト教が全編を支配していることは、無宗教に近いきたきつねには驚きだった。

キリスト教とその神のヨーロッパ社会における位置づけは重いのだ。

ああ無情は、随分昔に読んだだけなので、ストーリーを思い出すのが大変。

やはりミュージカルは苦手だ。タモリがミュージカルを嫌いなのがよくわかる。

突然歌い出したり、静かな場面で独白なのだろうけれど、感情を込めた大きな声で歌い出すと引いてしまう。

|

« サロマ湖の牡蠣を堪能 | トップページ | 今日の飛びもの BELL412EP(JA6767) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/56388047

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レ・ミレザブル」:

« サロマ湖の牡蠣を堪能 | トップページ | 今日の飛びもの BELL412EP(JA6767) »