« 上野仲通りを通って上野駅へ | トップページ | ひとときの春 »

2013/02/27

2月は損した感じ

130227_1

今日は「新撰組の日」。午前中は久しぶりの雨。

珍しく写真を撮らなかったので、以前東京国立博物館で撮った、京都の浄瑠璃寺の十二神将立像。

2月はもう1日しか無い。この2月の気分的にせわしない感じが好きになれない。でも28日しか働かないのに、給料は31日の月と同じで得なはずなのに、損した感じがするのはどうしてだろう。

毎日、色々なことを思いつくのだけれど、直ぐに忘れてしまうので、夜になると何も書くことが無くなっている。

そうそう、離れた場所の仮設住宅に住んでいる震災と原発事故の被災者が、地元の住民から出て行けといわれたり、車に悪戯されたりしているという。

震災と原発事故から2年経っても、まだ被災地の復興は進んでいないし、行方不明者もまだ相当な人数がいるのに、どうしてそのようなことができるのだろう。

働かずに保障を貰っているからといったことも妬みの原因らしいけれど、自分が被災者の立場になったと考えることができないのだろうか。僅かな保障ぐらいで、取り戻せない程のものを失っているのだ。

一番悪いのは、マスコミで、熱が冷めたように、2年経っても何も解決していない現実の問題を報道しない。芸能人のほれたはれたとは全く次元が違うはずなのに、視聴率が取れる取れないが価値の判断基準になっているというのは、なにか間違っている。

毎日、定時に被災地の定点映像を流して欲しいものだ。

|

« 上野仲通りを通って上野駅へ | トップページ | ひとときの春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/56854318

この記事へのトラックバック一覧です: 2月は損した感じ:

« 上野仲通りを通って上野駅へ | トップページ | ひとときの春 »