« 湯島の白梅 | トップページ | ビデオのナレーション入れを初体験 »

2013/02/06

羹に懲りて膾を吹く

130206_1

気象庁は、1月14日の失敗に懲りて大雪の予報を出したけれど、大はずれ。雪は、降ったけれど僅かで、少しも積もらずに、昼過ぎには雨になって、夕方には雨も上がってしまった。

JRは、朝の通勤時間帯の電車を70%に減らして運行することを、昨夜のうちに決めてしまった。結局、電車は満員で、乗換駅でも乗るべき電車が少ないので、人がホームや構内にあふれてしまい、危険なため電車が動けず、全体の運行にも影響がでてしまった。

さらに、新宿と秋葉原で人身事故で山手線は止まってしまい、混雑に拍車をかける結果になってしまった。

きたきつねは、日暮里で山手線にのるつもりだったけれど、人身事故で運行見合わせだったので、また常磐線のホームに戻り、再び常磐線で上野駅までいって、徒歩にしたので1時間遅れで職場にようやく到着。

迷わず北千住で千代田線に乗っていれば、楽に出勤できたのに悔やまれる。

昨日の天気図を観る限り、スーパーコンピューターでなくても1月14日と同じような雪にならないのは明確だろう。1月14日の巨大な低気圧と今日の低気圧は比べ物にならないだろう。

|

« 湯島の白梅 | トップページ | ビデオのナレーション入れを初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/56712308

この記事へのトラックバック一覧です: 羹に懲りて膾を吹く:

« 湯島の白梅 | トップページ | ビデオのナレーション入れを初体験 »