« 泊まり込みで睡眠時無呼吸症候群の精密検査 | トップページ | KARCHER 高圧洗浄機用 デッキクリーナー »

2013/07/26

ラジオ体操に間に合った

130726_1

今日は「ポツダム宣言記念日」、「日光の日」、「幽霊の日」。

今朝は5時半に検査が終わり、ラジオ体操に間に合うように自宅に戻ることができた。今日の巡回ラジオ体操は北海道上川郡鷹栖町。「オオカミの桃」の産地。

最近は平均睡眠時間6時間だから、9時に就寝して8時間布団に入っているのは、無理がある。

チェリーセージにクロバネツリアブが来て、蕾に口吻を差し込んで蜜を吸っているようだった。

東京大学の論文捏造と研究費の不正事件が続いているが、氷山の一角でしかないだろう。

東京大学分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授の論文捏造は、本人が直接関与していないということになっているけれど、投稿料、掲載料など金銭もからむし、教授の指示無しにポスドクや院生が勝手に論文を投稿するなどということはありえないだろう。

教授が、捏造を指示したに違いない。調査委員会は仲間だから、辞職したし、穏便にする処理にしたのではないか。Dr.論文を取り消される研究者もでてくるし、論文捏造の前科者として就職にも差し支えることになるだろう。

論文捏造のうわさ話は時折聞こえてくるが、だいたい膨大な研究費を集めているところで多いようだ。

秋山昌範教授の不正の手口は、大学でこれまでも発覚している事件の手口と同じで、業者と共謀して架空発注で金を還流するというものだ。どうしてこのようなことが、繰り返されるか不思議だ。

悪質なのは、秋山教授の個人会社に送金させ、私的に使ったということで、詐欺容疑で逮捕されている。

いずれの事件も、特定の研究者に競争的資金が集中することにある。使い切れないほどの金があったり、ポスドクなどスタッフを集めすぎて人件費を集めるために目立つた業績を大量に出さなければならなくなったりするから、こんな事件が起こるのだろう。

さらに問題になるのは、研究費の使途を監査する態勢がないことではないか。大学は、事務管理部門が定員削減で脆弱になっているので、発注、納品の確認もままならない状態なのではないだろか。表に出ない事件も多数あるだろう。

|

« 泊まり込みで睡眠時無呼吸症候群の精密検査 | トップページ | KARCHER 高圧洗浄機用 デッキクリーナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/57868915

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ体操に間に合った:

« 泊まり込みで睡眠時無呼吸症候群の精密検査 | トップページ | KARCHER 高圧洗浄機用 デッキクリーナー »