« 日本のプチファーブル 熊田千佳慕展 | トップページ | スクビが夏バテ »

2013/07/31

白い花の百日紅

130731_1

今日は「蓄音機の日」、「こだまの日」。

湿度は高かったけれど、風があって、気温も29度にならなかった。体が慣れてきたので、28度くらいだと、それほど暑いと感じない。

散歩コースに白い花の百日紅があって、赤い花もバリエーションがあるようだ。

長い夏休みもようやく1ヶ月。予定の半分も計画は進んでいない。

ディレードスコープで部屋の壁を撮影してみた。飛行機が大量に写っている。

130731_2

読売新聞の調査で、大学の学士の名称が696種類が確認されたらしい。大学設置基準の1991年の基準緩和以降、自由に名称をつけられるようになって、一つの大学にしかない名称が426種類と6割になっている。

グローバル地域学、観光交流文化学、キャリアデザイン学、国際日本学などどんな学問分野なのかちっともわからない。就職の採用面接で学問内容を問われた学生が「即答できなかった」などという悲劇も起きているようだ。

人に自分が何を学んだか説明できないというのは悲しい。

逆に博士号は、学術博士というのが普通になってきたようだ。

|

« 日本のプチファーブル 熊田千佳慕展 | トップページ | スクビが夏バテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/57902141

この記事へのトラックバック一覧です: 白い花の百日紅:

« 日本のプチファーブル 熊田千佳慕展 | トップページ | スクビが夏バテ »