« スズメのヒナが落ちた | トップページ | 8月6日は、「ハローワークの日」 »

2013/08/05

シギ・チを探しに

130805_1

ちょっと片付けも飽きてきたので、久しぶりにバードウォッチングにでかけた。

例年だと8月に入ると、北から南に渡るシギとチドリが水の入った休耕田や葉を刈り込んだ蓮田で休息する姿を見ることができる。

シギ・チを多く見ることができる稲敷市周辺の休耕田にでかけてみた。これが大空振り。何故かというと、水が張られた休耕田が全くといってもなかったし、蓮田はまだ葉が茂っていたので、シギ・チは全く見つけられなかった。

もともと利根川沿岸の水田地帯は、早場米の産地で、減反面積が少ないのだけれど、減反政策が終わったので、一気に休耕田がなくなってしまったようだ。

浮島の妙義の鼻では、オオセッカの声が聞こえていた。西の洲干拓の水たまりも、カイツブリとサギ類だけで、シギ・チはいなかった。

途中、地面に鳥が沢山降りている場所があったので、車を止めて確認すると、ショウドウツバメの群れだった。近くの電線にも数十羽とまっていた。

130805_2

ショウドウツバメは、繁殖を終えて南に移動中のようだ。

130805_3

【観察した鳥】
ツバメ、セッカ、ムクドリ、アオサギ、カワラヒワ、スズメ、ツバメ、チュウサギ、キジバト、カルガモ、ダイサギ、オオセッカ、コジュリン、ホオジロ、カイツブリ、ウグイス、コサギ、ショウドウツバメ

|

« スズメのヒナが落ちた | トップページ | 8月6日は、「ハローワークの日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/57934367

この記事へのトラックバック一覧です: シギ・チを探しに:

« スズメのヒナが落ちた | トップページ | 8月6日は、「ハローワークの日」 »