« 富岡製糸場とその周辺を巡る旅 | トップページ | 映画「四十九日のレシピ」 »

2013/12/04

部屋の片付けは続く

131204_1

今日は、「血清療法の日」、「E.T.の日」。

収拾のつかなくなった部屋の片付けを続けて、昼過ぎに映画「四十九日のレシピ」を見てきた。片付けは、少し展望が見えてきた。

特定秘密保護法の参院での委員会審議は、ニュースを見る限り、政府答弁はつぎはぎの内容で、検討不足だろう。安倍首相は、数を背景に何でもできると考えているようだ。

婚外子への遺産相続の格差をなくす民法改正案は、今日参院本会議で可決され成立した。今年9月の最高裁の憲法が定める「法の下の平等」に反するとして、「違憲」判決を受けての素早い民法改正になる。それにしても公職選挙法の違憲状態は、ずっと棚晒しというのはおかしい。

民法、刑法は、明治時代の法律を引きずっているところがまだ残っているで、憲法施行66年になっているのに憲法憲法との整合性がとれていないのが不思議でならない。

|

« 富岡製糸場とその周辺を巡る旅 | トップページ | 映画「四十九日のレシピ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/58698859

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の片付けは続く:

« 富岡製糸場とその周辺を巡る旅 | トップページ | 映画「四十九日のレシピ」 »