« 有料老人ホームの見学 | トップページ | 部屋の片付けは収拾がつかず »

2013/12/02

映画 REDリターンズ

131201_2_2

2年振りに「RED2」が帰ってきた。RED(Retired Extremely Donkey)としては見ねばということで行ってきた。

前作の「RED」をさらにアメリカコミックらしくした映画になっている。ブルルース・ウイルスのパワー炸裂だった。

REDチームは、前回のジョー(モーガン・フリーマン)が抜けて、脇役だったサラ(メアリー・ルイーズ・パーカー)がメンバーに入っている。

それにキャサリン・ゼタ・ジョーンズとイ・ビョンホンが絡んでくる。

なによりマッドサイエンティストのベイリー役のアンソニー・ホプキンスの存在感は並ではない。32年間幽閉された恨みを隠した姿はまさに、ハンニバル・レクターがそこにいた。

ジョン・マルコヴィッチのマーヴィンは、今回は随分まともになっている。MI6のREDのヴィクトリア(ヘレン・ミレン)は、相変わらず魅力的だった。キャサリン・ゼタ・ジョーンズはエロい。

ストーリーをまともに考えると、おかしいところはあるけれど、REDの世界でしかできないことだ。

見た後は、非常に気分が良かった。

|

« 有料老人ホームの見学 | トップページ | 部屋の片付けは収拾がつかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/58686227

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 REDリターンズ:

« 有料老人ホームの見学 | トップページ | 部屋の片付けは収拾がつかず »