« 今日の飛びもの タヒチヌイ航空のAirbus A340-313E(F-OLOV) | トップページ | 季節定例筑紫湖薬王院探鳥会 »

2014/01/26

桜川市の椎尾山薬王院

140126_1

今日は、「文化財防火デー」、「帝銀事件の日」、「有料駐車場の日」。

たまには、他の場所の探鳥会に出てみようということで、日本野鳥の会茨城県の季節定例筑紫湖薬王院探鳥会(桜川市)にいってきた。

椎尾山薬王院は、延歴元年(782年)開山の天台宗の寺院で、スダジイの林の中に静かにた佇んでいた。三重塔、本堂などは県と市の指定文化財になっている。

前に来たのは、もう15年くらい前で、全く忘れてしまっていた。

140126_2

二十三夜の月待塔は比較的珍しの出は無いだろうか。

140126_3

筑波山塊は、逆転層があって、中腹は温暖でミカンが取れる。名物のフクレミカン(こうじみかん)が残っていた。

140126_4

ガスがかかっていたけれど、日光の男体山と女峰山が見えていた。

140126_5

|

« 今日の飛びもの タヒチヌイ航空のAirbus A340-313E(F-OLOV) | トップページ | 季節定例筑紫湖薬王院探鳥会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59015466

この記事へのトラックバック一覧です: 桜川市の椎尾山薬王院:

« 今日の飛びもの タヒチヌイ航空のAirbus A340-313E(F-OLOV) | トップページ | 季節定例筑紫湖薬王院探鳥会 »