« 静かにまったりと | トップページ | 里山散歩初め »

2014/01/04

東の園に昇る日は

140104_1

冬の朝の散歩は、気温が低いのでラジオ体操をしてから出発することにしたので、何時もより1時間程遅い。それでこの時期は、日の出を見ながら散歩になる。

今日は、日の出を見ながら「東の園に昇る日は、丸く大きく美しい」と小学校の校歌を急に思い出した。戻って、小学校のHPを探したところ見つかったので、歌詞を確認すると1番は、完全に覚えていた。

50年以上前の小学校の校歌を覚えていたのに、中学校と高校の校歌はというと、出だしも覚えていなかった。

小学校は、1、2年生と5、6年生の時代が非常に印象的で、特に5、6年生の2年間は、担任の先生が素晴らしいひとだったので、その後の人生に大きな影響を受けたと思う。それは他の生徒も同じように感じているのではないかと思う。

人との出会いは非常に大切だと思う。きたきつねも、節目節目で救われたり、目標を得たり、生き方を学んだひとがいる。良い出会いがなければ、悲しい人生になっていたかもしれない。

|

« 静かにまったりと | トップページ | 里山散歩初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/58883890

この記事へのトラックバック一覧です: 東の園に昇る日は:

« 静かにまったりと | トップページ | 里山散歩初め »