« 都会のシジュウカラの住宅? | トップページ | 今日の飛びもの 警視庁のAgusta AB139(JA14MP) »

2014/03/28

国立科学博物館の特別展「医は仁術」

140328_21

上野に戻って国立科学博物館で開催中の特別展「医は仁術」を見ることにした。金曜日は夜8時までなので、ゆっくりとみることができる。

江戸時代の医学を中心に、医学の進歩を俯瞰した展示だ。医学に興味がある人には、珍しいく、内容が深いものが展示されている。ただ、書籍、絵図面などが多く、素人には非常に疲れる展示内容という印象だ。

それと、罪人の解剖の絵図が延々と続いていたり、小学生以下の子供には向いていないような気がする。

シーボルトの眼科具セットがあったり、華岡青洲の手術道具があったりと珍しいものも多い。

140328_22

解体新書とターヘルアナトミアの対照は興味深い。

140328_23

140328_24

腑分けの絵図は、リアルなだけに、何枚も続くと疲れてくる。

140328_25

奥田木骨や生き人形、解体人形、産科人形など日本の工芸技術の高さを示すものはすばらしい。

140328_26

現代の医学のコーナーでは、プロジェクションマッピングで、内蔵各部の機能の説明があって、これは面白かった。

140328_27

顕微鏡で、ひとの生きたiPS細胞を見ることができる。

140328_28

3Dプリンターで作った肝臓、脳、心臓を直接触ることができる。

140328_29

心臓を鷲掴みにしてきた。

140328_30

出口のところで、鉄拳のパラパラ漫画「受け継がれる仁」が上映されていて、これはなかなか良くできている。これがなければ、消化不良のまま帰るところだった。

科学博物館は、展示会の企画力が不足しているようだ。国立博物館や美術館のように「もの」を展示するだけと違って、「こと」と「なぜ」を展示しなければならないので、きちんとしたストーリーと演出が必要になってくるのではないだろうか。

入り口から出口までの流れが、中途半端な処理だといけない。それと対象をどこにするかも難しい。恐竜などは、並べておくだけでほとんどの子供は大喜びでいいのだろうけれど、今回のような医学を題材にする時にはもう少しきちんとしたストーリーが欲しかった。

出口のショップには、骨や内蔵のストラップ、骨ペン、人体模型などあまり売っていないものが並んでいた。ちょっとグロだけれど、マニアがいるのだろう。

140328_31

140328_32

140328_33

|

« 都会のシジュウカラの住宅? | トップページ | 今日の飛びもの 警視庁のAgusta AB139(JA14MP) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59377179

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館の特別展「医は仁術」:

« 都会のシジュウカラの住宅? | トップページ | 今日の飛びもの 警視庁のAgusta AB139(JA14MP) »