« 今日の飛びもの JALの??? | トップページ | 乙戸沼でバードウォッチング »

2014/03/07

春が足踏みをしている

140307_1

今日は「消防記念日」、「未成年者喫煙禁止法制定の日」、「警察制度改正記念日」。

春が足踏みをしているようだ。霜柱も地上に飛び出して大暴れ。

昨日よりも花粉症が酷くて、ボーッとしていて、一日がすぎた。それでも、かみさんとこぎつねのWindowsPCを処分することにして、無料で回収できるところを探したところ、土浦市にあった。

送料負担で送れば、無料で回収して、リサイクルするということなので、ハードディスクを抜いて送ってみた。結果については、後日報告したい。

録画しておいた月曜日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。今回のプロフェッショナルは同時通訳の長井鞠子さん。ものすごくタフな人だ。

実は、6年前にきたきつねの講演を同時通訳してくれたのが長井さんだった。開始前に打ち合わせしたけれど、専門用語をよく調べていたのを覚えている。

今日のNHKスペシャルは、帰還困難区域の大熊町で「無人の町」の留守を守り、町の復興・帰還計画をけん引している「無人の町の"じじい部隊"」の四季。

福島第一原発に一番近い地域で、除染によって街に人を帰還させようと頑張っているけれど、原発の直ぐ近くで、現状での放射能の影響が判っていないし、、汚染水のトラブルや東電の情報隠蔽などの問題もあるし、これから始まる廃炉作業の進行も未知数で何が起こるか予測できないな状態を考えると帰還者がでるのだろうか。

「両耳の聞こえない作曲家」として売り出していた佐村河内守氏が者会見を開いた。謝罪はしたものの、新垣氏を名誉毀損で提訴するなどの発言は疑問が残る。

聴力検査で脳波が音を感知して聴覚障に該当しないという診断書も配布され、聞こえていたという疑惑はさらに深まった。

髪の毛を刈り、ヒゲを落とし、サングラスをしていない佐村河内氏は、そこら辺の血色の良いおじさんで、見た目というものは恐ろしいものだ。

福島県中島村吉岡で古墳時代中期の鉄製よろい「短甲」が出土したというニュースは興味深い。

スカイマークは日本の航空会社として初めてエアバスの中型機A330-300(JA330A・JA330B)を導入して、5月31日に就航させることを発表した。足元がゆったりとした革張りの座席と全席パソコンの電源が用意されているなど随分快適な旅が楽しめそうだ。

|

« 今日の飛びもの JALの??? | トップページ | 乙戸沼でバードウォッチング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59254047

この記事へのトラックバック一覧です: 春が足踏みをしている:

« 今日の飛びもの JALの??? | トップページ | 乙戸沼でバードウォッチング »