« 睡眠時無呼吸症候群の治療は順調に継続中 | トップページ | お墓参り »

2014/03/21

久しぶりのつくばエキスポセンター

140321_1

今日は、二十四節気の「春分」、七十二候の「雀始めて巣くう」、「彼岸の中日」、「カラー映画の日」、「太陽の日」、「国際人種差別撤廃デー」、「空海忌」。

一日20m/s近い強い西向きの風が吹いていた。

午前中、つくば市内のつくばエキスポセンターで始まった特別展「文具展〜身近な道具にかくれた技術〜」を見にいってきた。

つくばエキスポセンターに入るのは久しぶり。1985年の国際科学技術博覧会の会場を活用した施設で、1986年開館だから、もう28年になる。その間、入場したのは3度程だろう。

エキスポセンターは、博物館ではなく科学技術を展示する科学館だから、今の科学技術を紹介する展示で、確かに2階の展示施設は、宇宙・海洋・原子力・ナノテクノロジー・生命科学・地球環境の新技術を紹介している。

エキスポセンターのプラネタリウムは、リニューアルされて高機能の施設になっているということだ。今日は午後に予定があるので、みることができなかったが、近いうちに見にくることにしよう。

ただ1階の体験型展示施設は、古いままで、安全神話が前提になっていたころの原子力発電の展示など、古いものが多かった。

140321_2

維持管理が大変だと思うけれど、例えばたつまき発生装置の吸い込み部分には埃が溜まってほとんど詰まっていた。

140321_3

2階の深海探査艇のしんかい6500の模型

140321_4

サーモグラフィーの展示

140321_5

光合成で油を作る藻類のボトリオコッカス、ナノカーボンチューブ、iPS細胞など話題の展示もある。

140321_6

エキスポセンターのシンボルの屋外のHⅡロケットは健在。

140321_7

|

« 睡眠時無呼吸症候群の治療は順調に継続中 | トップページ | お墓参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59332371

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのつくばエキスポセンター:

« 睡眠時無呼吸症候群の治療は順調に継続中 | トップページ | お墓参り »