« 今日の飛びもの IBEXエアラインズのBombardier CRJ-200 | トップページ | 蛙の笛を聞きながら里山散歩 »

2014/04/26

富岡製糸場が世界文化遺産になる

140426_1

今日は「リメンバー・チェルノブイリ・デー 」、「よい風呂の日」。

スクビの狂犬病の注射とフィラリアの薬のために動物病院にいってきた。相変わらず、病院に入るのが嫌だと抵抗。体重を量ったところ、去年よりも重くなっていた。食欲があるので食べているのに、散歩や運動が少ないということだろう。

文化遺産の候補を事前審査する諮問機関・国際記念物遺跡会議が「養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった」ということで、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の登録を勧告した。

6月の世界遺産委員会で決定されることは間違いないだろう。

140426_2

NHKスペシャル「シリーズ 廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか」の録画を見た。東京電力の想定する廃炉についての工程表で示されている40年間、本当に廃炉作業に従事する技術者、作業者が確保できないのではないかと心配になった。

40年というのは、あくまでも想定で、実際にはもっと時間がかかるだろうし、メルとスルーした原子炉の内部の状況も明らかではないので、被爆をしながら困難な作業をする人材の確保と育成は、きちんとシステム化しなければ途中で頓挫するに違いない。

この番組については、メルトスルーしたデブリの状態について東電の想定をトレースしているだけなので、すこぶる評判が悪いようだ。

高濃度の放射能の核廃棄物の一次保管場所さえ決まっていない状況で廃炉はできるのだろうか。

|

« 今日の飛びもの IBEXエアラインズのBombardier CRJ-200 | トップページ | 蛙の笛を聞きながら里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59534708

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場が世界文化遺産になる:

« 今日の飛びもの IBEXエアラインズのBombardier CRJ-200 | トップページ | 蛙の笛を聞きながら里山散歩 »