« 一日おきに霜が降りている | トップページ | 里山にどんどん春がせめて来た »

2014/04/12

強い霜が降りた

140412_1

今日は「世界宇宙飛行の日」、「東京大学創立記念日」、「パンの日」。

今朝は0度まで気温が下がって、昨日よりも強い霜が降りた。日中は19度まで上昇した。日較差が19度となっている。

変わりのない一日。隠居生活では、変化が無いのが一番なのかもしれない。

2年振りに火星が地球に接近してきているらしい。4月14日には大接近して、マイナス1.5等級で輝くということだ。夕方午後5時半頃から見え始めて、午後8時過ぎには満月に近い月と並んで見えるらしい。天気になって欲しい。

日赤長崎原爆病院が水爆の被害についてシミュレーションした結果が「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」で報告された。

それによると、現代の100万人都市に1メガトンの水爆が投下された場合、爆風は爆心地から18キロ、熱線は14キロまで及び、37万人が即死し、46万人が負傷するという結果になったということだ。負傷の多くも放射線の影響を受けて原爆症に苦しむことになるだろう。

原発事故は、水爆どころではなく、即死者は少ないかもしれないが、影響範囲は大きく、被害は長期に及ぶだろう。

|

« 一日おきに霜が降りている | トップページ | 里山にどんどん春がせめて来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59457866

この記事へのトラックバック一覧です: 強い霜が降りた:

« 一日おきに霜が降りている | トップページ | 里山にどんどん春がせめて来た »