« 典型的なニートになった? | トップページ | 陶製のフクロウの親子を飾る »

2014/05/12

PCから取り出したHDDをポータブルHDDにする

140512_2

先日から、古いパソコンの一掃作戦を実施中で、内蔵ハードディスクを取り出してから回収業者に送っている。

古くて容量の少ないHDDは、蓋を開けてディスクに疵を付けて廃棄しているが、比較的新しく容量の多いものは、専用ケースに入れてUSB接続のポータブルHDDにしている。ケースは安いものがあるので、1000円もかからない。

ノートパソコンの内蔵HDDは、厚さが9.5mmと12mmの2種類、インターフェースがSATAとIDE(Ulra ATA)の2種類あるし、PCに接続するためのUSBにもデータ転送速度によって2.0と3.0の2種類ある。

PCに接続するためのUSBが3.0のケースは高価なので、2.0のもので十分だろう。

取り出したHDDの厚さは定規で測って確認してもいいけれど、型番をGoogleで検索すると厚さ、インターフェースの情報がでてくるので、最初にそれらを確認して、ケースを購入する。

HDDをケースに入れるのは簡単で、コネクターを合わせ挿しこんで準備完了。

140512_3

コネクターを付けたHDDをケースに入れてネジ止めすれば完成。ケースさえあれば数分でできる。あとは、PCに付属のUSBケーブルでHDDを接続すると中を見ることができる。データを新しいPCに移行していれば、HDDをフォーマットすれば、ポータブルHDDとして使えるようになる。

Windowsの内蔵HDDは、そのままではMacOSで認識しないことが多いので注意が必要だ。これは、Windowsの内蔵HDDのファイルシステムがXp以降ではNTFSというファイルシステムになっているからだ。

Macでも使う場合には、HDDをフォーマットする時にファイルシステムFATまたはeFATにする必要がある。Macで使わなければ、NTFSんpままでいい。

140512_4

|

« 典型的なニートになった? | トップページ | 陶製のフクロウの親子を飾る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59633110

この記事へのトラックバック一覧です: PCから取り出したHDDをポータブルHDDにする:

« 典型的なニートになった? | トップページ | 陶製のフクロウの親子を飾る »