« 雨で一日閑居 | トップページ | 印旛沼パトロール »

2014/05/22

生命よりも経済が優先できるものか

140522_1

今日は「国際生物多様性の日」、「ガールスカウトの日」。昨日と打って変わって夏日。

連日の閑居。

昨日、福井地裁で福井県の住民らが関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを求めた訴訟に「地震対策に構造的欠陥がある」として、2基の再稼働を認めない判決がでた。

判決内容は原告の全面勝訴で、非常に合理的な内容となっていると思う。中でも「関電は、原発の稼働が電力供給の安定性につながるというが、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題とを並べた議論の当否を判断すること自体、法的には許されないと考える」と結論づけた部分はすばらしい。

生命よりも経済を優先に考えるというのは、関電だけでなく政府の考え方で、福島第一原発の事故の処理も経済優先で住民の生命を軽視されてきている。

これから控訴審が続くので、楽観できないが、画期的な判決だと思う。

生命よりも経済を優先させようとしているのは、安倍政権の姿勢そのもので、違憲を顧みず武器輸出三原則の変更や集団的自衛権行使などの裏には、軍事産業の利益があることは明確だ。

|

« 雨で一日閑居 | トップページ | 印旛沼パトロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59687692

この記事へのトラックバック一覧です: 生命よりも経済が優先できるものか:

« 雨で一日閑居 | トップページ | 印旛沼パトロール »