« 梅雨冷え | トップページ | 皆で水餃子を作り »

2014/06/07

HOLGAの「周辺光量が落ちる」おもしろレンズ

140607_1

部屋を片付けていたら3年前に買った「周辺光量が落ちる!パナソニックLUMIX G用HOLGAレンズ」が出てきた。

ちょっと遊んでみようと思って雨の中、近所で写真を撮ってみた。結論としてはさすがHOLGA、いい味出しています。子供の頃に買ってもらった、紙巻きのフィルムを使うおもちゃのカメラみたいです。

焦点距離25mm(マイクロフォーサーズでは50mm)、F値8のプラスチックレンズ。

140607_2

マウントはもちろんマイクロフォーサーズだから、オリンパスにも使える。

140607_3

レンズの内側の中央に絞りの板が入っていて、真ん中の穴と周辺に小さな穴が8個開いている。これで周辺光量を減らすことになっている。

140607_4

近所の家の庭のキンギョソウ(?)をアップで撮ってみた。周辺光量が均等ではない。

140607_5

跨線橋の階段。2:3の画像なので上側の周辺光量が落ちないのだろうか。

140607_6

常磐線の電車。

140607_7

マイカラーで「レトロ」で撮影。このレンズのピンぼけ具合と合っている感じだ。

140607_8

マイカラーで「シック」を選んでみた。普通に撮るよりもカラーモードを使ってみると面白そうだ。

140607_9

雨で犬小屋に閉じ込められたスクビ。毎日ほとんどの時間寝ている。

140607_10

画像処理ソフトでも周辺光量を減らす処理ができるけれど、やはりレンズの持つ面白さは表現できないだろう。

|

« 梅雨冷え | トップページ | 皆で水餃子を作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59774487

この記事へのトラックバック一覧です: HOLGAの「周辺光量が落ちる」おもしろレンズ:

« 梅雨冷え | トップページ | 皆で水餃子を作り »