« 3日連続の真夏日 | トップページ | 休養日 »

2014/06/01

粘菌の観察会

140601_1

午前中は粘菌(変形菌)の観察会だった。講師は、粘菌の研究者の萩原博光さん。

開始前にパワーポイントで粘菌の基礎について勉強してから、雑木林に移動して粘菌を探した。

天気が続いているので、雑木林を探したけれど、ツノホコリ類ばかりで、多様な粘菌は見つからなかった。ツノホコリは、初夏に腐った木の上で最も普通に見られる変形菌の一つらしい。

ツノホコリの子実体をルーペで見ると、胞子が表面にあるのがよくわかる。

梅雨に入ると色々な粘菌を見ることができるようになるだろう。

140601_2

140601_3

粘菌かなと思ったけれど、小さなキノコのチャワンタケだった。

140601_4

池で、外来魚駆除の網揚げをしていたが、大量のブルーギルとアメリカザリガニが捕れていた。昨年秋に池の水が干し上がって、大きな魚がいなくなってしまったので、アメリカザリガニが食べられずに増えてしまったのだろう。

アメリカザリガニは、水草を食べてしまうので、生態系への影響は大きいだろう。

140601_5

今年初めてコウガイビルに会うことができた。動きが速くてなかなか写真を撮らせてくれなかった。

140601_6

|

« 3日連続の真夏日 | トップページ | 休養日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59743964

この記事へのトラックバック一覧です: 粘菌の観察会:

« 3日連続の真夏日 | トップページ | 休養日 »