« 東京ブックフェア | トップページ | 小見川、飯岡漁港、西の洲を巡る »

2014/07/05

雨上がりの里山散歩

140705_1

今日は「農林水産省発足記念日」、「ビキニスタイル発表の日」、「榮西忌」。

夜からの雨が朝の散歩の頃には上がって、里山に散歩に出発する頃には、少しずつ天気が良くなった。

途中のブロック塀の上にウスカワマイマイとヒタチマイマイがいた。梅雨にはカタツムリが似合うようだ。湿り気が多いので、カタツムリが元気だ。

池には先週からアオサギが群れで入っている。1、2羽はよく見るけれど、10羽近く集まるのは初めてだと思う。

池の水は相変わらず濁っていて、どうもブルーギルの大量発生で動物プランクトンが少なくなっている影響でないだろうか。アメリカザリガニの大発生で、アシ原が随分後退している。水の中は濁っていて見えないが、水草も相当アメリカザリガニに食害されているのではないだろうか。

コース途中の腰まであった草を、仲間が刈ってくれたので、雨上がりの濡れた草でズボンが濡れなかった。結構、長い距離の草刈りは大変だっただろう。

140705_2

今年もきたきつねの大好きなゴイシシジミが多くなってきた。脚に生えた毛を写すのは難しい。

ゴイシシジミの幼虫はササにつくアブラムシを食べる肉食性で、成虫もアブラムシの分泌液をなめているらしい。

ゴイシシジミの口器は他の蝶のように長い口器を丸く縮めているように見えないが、いちど捕まえてみたほうがよいかもしれない。

140705_3

ルリシジミは、羽を閉じていると地味な蝶で、なかなか開いたところを撮らせてくれない。

140705_4

コースの途中に、カタバミの群落があって、そこではヤマトシジミが大量に飛び回っている。多くなると、感心が薄くなるのは不思議だ。

140705_5_3

帰り道でアカタテハ幼虫を見せてもらった。

140705_6

マイコアカネ、アキアカネ、ナツアカネなどのアカトンボが増えてきた。今年は、チョウトンボがまだ見ていない。昨年、池が干上がり、アメリカザリガニ、アメリカナマズなどの影響が出ているのだろうか。

トンボの写真は難しい。なんとかアジアイトトンボをだけ撮影できた。

140705_7

【観察した鳥】 カルガモ、カワウ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ホトトギス、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ(22種)+コジュケイ

|

« 東京ブックフェア | トップページ | 小見川、飯岡漁港、西の洲を巡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/59933748

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの里山散歩:

« 東京ブックフェア | トップページ | 小見川、飯岡漁港、西の洲を巡る »