« 思い出のマーニー×種田陽平展 | トップページ | 今日の飛びもの 千葉県警察の川崎BK117C1(JA6815) »

2014/08/08

発掘された日本列島2014

140808_3

「思い出のマーニー×種田陽平展」を見てから5階と6階で開催中の「発掘された日本列島2014」を見てきた。この展示は文化庁の主催で、現在日本各地で行われている遺跡の発掘調査の中から、特に注目されている55遺跡約1300点の出土品が展示されていた。

これらは、各地の博物館や埋蔵文化センターに所蔵されていて、常時展示されているものばかりではないので、非常に良い機会だった。

北海道の遠軽町の旧白滝村の旧石器時代の遺跡群「史跡 白滝遺跡群」は、黒曜石の国内最大の産地で石器製造拠点だったのだろう。白滝産の黒曜石は、サハリンや新潟にまで運ばれていたという。これまで、総重量13トン、約698万点の石器が発掘されている。

140808_4

佐賀県佐賀市の「東名遺跡」は、縄文時代早期の遺跡で、多数のドングリの貯蔵穴と700個の編みかごが出土している。編みかごは、初めて見た。

140808_5

千葉県成田市の縄文時代前期の「南羽鳥中岫第一遺跡」からは、大規模な土坑墓群から人頭形土製品(重文)が出土している。この土製品も初めて見た。

140808_6

新潟県十日町市の縄文時代中期の「野首遺跡」からは火焔土器と王冠型土器が出土している。

140808_7

|

« 思い出のマーニー×種田陽平展 | トップページ | 今日の飛びもの 千葉県警察の川崎BK117C1(JA6815) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60119409

この記事へのトラックバック一覧です: 発掘された日本列島2014:

« 思い出のマーニー×種田陽平展 | トップページ | 今日の飛びもの 千葉県警察の川崎BK117C1(JA6815) »