« 今日の飛びもの ディーエイチシーのKawasaki BK117B-2(JA6651) | トップページ | 新幹線50年 »

2014/09/30

老人漂流社会"老後破産"の現実

140930_1

週の半分はまごぎつねが来ているので、カラータイマーを作動させて長い時間の子守は避けているのだけれど、今日の午後は久しぶりにしっかりと子守。

9月28日夜のNHKスペシャル「老人漂流社会"老後破産"の現実」の録画を見た。一人暮らしの高齢者が国民年金だけで暮らすのは、無理だろう。非正規社員で、貯蓄も年金も不十分であれば、老後は一層困難が待っているだろう。

国民年金は満額もらえたとしても、生活保護水準を下回っていることは公知のことで、その年金も切り下げられている。ただ、生活保護、養護老人ホームといった選択肢もあるはずなのにそこに行き着かないのはなぜだろうかと考えてしまった。

といっても、現実には300万人の生活保護水準以下の年金収入しかない独居老人にとってそんな受け皿は無きに等しいのだけれど・・・・・・。

戦後の高度成長で都会に駆り出された人々にとって、老後所得が少なくなったから田舎に帰って自給自足の生活など可能かといえば、可能だろうか。田舎の家が残っていて、健康といったよほど条件の良いひと以外無理だろう。

普通のひとは若い時に老後を考えることはあまりないのではないだろうか。なんだかなんとかなるような気がするものだし、現実に直面するまで具体的なイメージはわかないと思う。

だから老後の備えなど考えることはまれだし、数十年後の貨幣価値の変化など予測することもできないと思うから、真剣に貯蓄することを考えない人もいるだろう。

戦後、家族制度も変わり、家とか一族といった概念に縛られなくなった核家族では、相互互助など働きようもない。特に、未婚、結婚しても子供がいないといったことになると、

死ぬことについても、ある年齢までは重病にでもならない限り、無限に命が続くようなイメージではないだろうか。どんなに健康に気をつけていても確実に年老い、死ぬことになる。

ただ、あと30年も経てば、団塊の世代とその上の世代は、世の中から消え超高齢社会も終焉することになっていて、未来永劫超高齢社会が続くような心配はない。政府は、超高齢化社会が永遠につづくような幻想を見せ、それをネタに消費税の増税とか福祉制度など改悪などを狙っているようだけれど、そうはいかない。

|

« 今日の飛びもの ディーエイチシーのKawasaki BK117B-2(JA6651) | トップページ | 新幹線50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60401690

この記事へのトラックバック一覧です: 老人漂流社会"老後破産"の現実:

« 今日の飛びもの ディーエイチシーのKawasaki BK117B-2(JA6651) | トップページ | 新幹線50年 »