« 自分年表の資料「日録20世紀」 | トップページ | ちょっと意気消沈 »

2014/09/20

野鳥中心に里山散歩

140920_1

今日は「彼岸の入り」、「空の日」、「バスの日」。

最高気温が21度と快適というか、肌寒く長袖のシャツで丁度良くなってきた。

午前中は野鳥中心に里山散歩。9月13日に七十二候の「鶺鴒鳴く」となったが、ハクセキレイが囀っていた。池には、マガモ、コガモ、カルガモ、イソシギを見ることができた。

どういう訳かウグイス、ホオジロ、エナガの姿がないのが不思議だ。

例年よりも早くヤマガラ、カケスがやってきていて、筑波山の辺りのドングリの実りが悪いのではないだろうか。今年は、ドングリの裏年のようで、里山のドングリも少ない印象だ。

【観察した鳥】マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、チュウサギ、コサギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ(25種)+コジュケイ

|

« 自分年表の資料「日録20世紀」 | トップページ | ちょっと意気消沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60347697

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥中心に里山散歩:

« 自分年表の資料「日録20世紀」 | トップページ | ちょっと意気消沈 »