« ニッポン戦後 サブカルチャー史 | トップページ | kyounotobimono »

2014/09/18

近所の森に秋の花を探しに

140918_1

今日は七十二候の「燕去る」、「満州事変勃発」、「蘆花忌」。

曇りで遠出する気分にならないので、オリンパスTG-3の練習も兼ねて、近所の森に秋の花を撮影にでかけた。残念なのはハギの花で、そろそろおしまいだと思って撮影したが、ピンぼけになってしまった。

ブラブラ歩いて2時間ほどで、帰ってきた。

これまでも立命館大学の大島堅一教授が原発の発電原価を計算して原子力が断トツで高い電源ということを発表しているけれど、共同通信によると米国のブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが新設の原発の発電コストは太陽光発電とほぼ同レベルで、陸上風力発電や高効率天然ガス発電に比べてかなり高いとの試算を発表したらしい。

電力会社が再稼働を急ぐのは、稼働しなければ膨大な維持費ばかりがかかって経営を圧迫するからで、なりふり構っていられないからだろう。

オミナエシ

140918_2

ススキ

140918_3

ススキの花

140918_4

キンモクセイ

140918_5

ツリガネニンジン

140918_6

|

« ニッポン戦後 サブカルチャー史 | トップページ | kyounotobimono »

コメント

「電力会社が再稼働を急ぐのは、稼働しなければ膨大な維持費ばかりがかかって」

むしろ、本来運転しなくて良い火力(LNG,石油)の燃料費のほうが大きいと思います。

投稿: もんじゃくん | 2014/09/20 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60337242

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の森に秋の花を探しに:

« ニッポン戦後 サブカルチャー史 | トップページ | kyounotobimono »