« 国立歴史民俗博物館の企画展示と特別展示 | トップページ | コムラサキが色づく »

2014/09/02

くらしの植物苑「伝統の朝顔」

140902_9

国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑でも特別展示「伝統の朝顔」を開催していたので、ちょっと寄ってみた。

奈良時代に中国から渡来した朝顔が、江戸時代に八重咲きや花弁が細かく切れたり、反り返ったり、葉に斑が入ったものなどの「変化朝顔」がバブルが起こる程のブームになったようだ。

多様な朝顔があることは知っていたが、実物を見るのは初めてで、固定品種の「正木」や突然変異で固定されていない「出物」など多様な朝顔を見ることができた。また、大輪朝顔、ヨーロッパ・北米産の近縁の朝顔なども初めて見た。

花の色の変化も紫から白まで多様で、栗色や青に近いものまであった。葉も、普通のものから針のように細いもの、巻いているものなど多様だった。

140902_5

140902_6

140902_7

140902_8

|

« 国立歴史民俗博物館の企画展示と特別展示 | トップページ | コムラサキが色づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60250810

この記事へのトラックバック一覧です: くらしの植物苑「伝統の朝顔」:

« 国立歴史民俗博物館の企画展示と特別展示 | トップページ | コムラサキが色づく »