« 後輩のお通夜 | トップページ | こぎつね達から誕生日プレゼントが届いた »

2014/11/29

告別式

141129_1

今日は「議会開設記念日」、「いい服の日」。朝から雨が降り始め、午後には上がって、夕方に霧がでてきた。

涙雨の午前中に後輩を送ってきた。喪主の挨拶で、本人は葬儀について始めは家族のみでと行っていたらしいけれど、最後の頃には逝く前にお世話になった人たちに挨拶に回りたいけれど行けないので普通の葬儀にして欲しいといったらしい。彼らしい。

葬儀は、区切りをつけるために必要だと思う。葬儀をしないと、知人が五月雨式に来訪する場合が多く、その対応のほうが大変らしい。

あ葬儀や結婚式に出席するたびに、それぞれの式がこれほど様式化したのはいつ頃だろうかと思ってしまう。

あまりにもシステム化して流れ作業になっているし、いかにいろいろなオプションを使わせて収益を上げるかになっている。

葬儀は特に知らないことに付け込むようなところがある。なにせ参会者の数から予測できないし、つい失礼があってはと思い始めると、どんどんオプションが増えてくる。戒名や僧侶へのお布施からして布施だから一円でもいいのだけれど、ブラックホールのようだ。

葬儀が終わってからは、どこで調べたのか、法要、香典返し、墓などのダイレクトメールがどさっと来る。

きたきつねは、死んでしまえば何もわからないのだから好きにしてくれというところだろうか。

|

« 後輩のお通夜 | トップページ | こぎつね達から誕生日プレゼントが届いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/60733684

この記事へのトラックバック一覧です: 告別式:

« 後輩のお通夜 | トップページ | こぎつね達から誕生日プレゼントが届いた »