« 何時から日本人は誰でも天国に行くことになったのか | トップページ | 懐かしい写真 »

2015/01/21

セリアのコレクションボックスの割れたプラスッチク窓の修理

150121_2

100円ショップのセリア(Seria)のコレクションボックスや標本箱の窓に使われている透明プラスチック板は簡単に割れてしまうのが欠点で、さらに、しっかりと蓋の枠の中にはめ込まれているので、交換は簡単ではない。

交換の透明プラスチック板は、ホームセンターの塩ビ板があるけれど、100円ショップの硬質のカードケースから取ることにした。これからも交換することを想定して、108円で一番大きいB4のものにした。

最初に割れたプラスッチク板を外す。蓋の裏の内側の縁から3mm幅でカッターと定規で切れ込みを一周入れると、切り離すことができて、プラスッチク板を外すことができる。

150121_3

蓋の内側の切り込んだ部分に入るように硬質のカードケースのプラスッチク板を切り出して、はめ込む。

150121_4

幅3mm✕高さ2mm模型用の木の棒をカッターで切って、プラスチック板を押さえるように、木工用ボンドで固定して完了。元から入っていたプラスチック板よりも強度があるようだ。

150121_5

|

« 何時から日本人は誰でも天国に行くことになったのか | トップページ | 懐かしい写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61015722

この記事へのトラックバック一覧です: セリアのコレクションボックスの割れたプラスッチク窓の修理:

« 何時から日本人は誰でも天国に行くことになったのか | トップページ | 懐かしい写真 »