« 宮﨑駿さんの風刺画についての見解 | トップページ | 旧暦1月1日の元日 »

2015/02/18

修理の日

150218_5

今日は、「冥王星の日」、「エアメールの日」、「嫌煙運動の日」。

雨の一日で、雨読の予定だったけれど、朝から、グルグル動くようになったカーテンの止め金具の修理、折れたお雛様の雪洞の修理を終えた。

勢いがついたので、20年以上使ってきたスイス・アーミーナイフのミニナイフが欠けてしまった部分の修理をすることにした。

補修剤の接着力を強くするために、金属面に傷を付けて凸凹にする。

150218_1

刺抜きの部分に補修剤がつかないように、端面をセロテープでカバーする。

150218_2

補修剤は、100円ショップで売っているエポキシタイプの充填剤を使った。以前木部の補修に使ったので、色は 茶色。

150218_3

主剤と硬化剤を良く混ぜ合わせて、竹串を平らに削って、補修剤を欠けた部分に盛り上げ、硬化をまつ。

150218_4

硬化してから、余分の補修剤をおおまかにナイフで削り、紙やすりで綺麗に仕上げた。上から周囲の色と同じ色の塗料を作って塗装するのだけれど、元気が無くなったので明日以降にしよう。

|

« 宮﨑駿さんの風刺画についての見解 | トップページ | 旧暦1月1日の元日 »

コメント

きたきつねさん、

メカ物の試作で、ちょっとした樹脂部品の寸法調整が必要な時、削るのはよいのですが、盛り上げるのはゼリータイプの瞬間接着材を塗ってから削ります。
きたきつねさんの手先の器用さ、感心しました。

投稿: かんてつ | 2015/02/19 07:51

かんてつさん

樹脂も素材によって瞬間接着剤では処理できないものもあるでしょうね。

ABS樹脂は、矢崎のイレクター用の溶剤にABSの樹脂の破片を溶かしてドロドロの樹脂を作って、穴埋めに使ったりしています。

投稿: きたきつね | 2015/02/19 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61159766

この記事へのトラックバック一覧です: 修理の日:

« 宮﨑駿さんの風刺画についての見解 | トップページ | 旧暦1月1日の元日 »