« 上野公園で早めの花見 | トップページ | 刀削麺の王様で担々麺 »

2015/03/25

国立科学博物館:大アマゾン展

150325_9

朝一番で国立科学博物館で先週から始まった「大アマゾン展」を見てきた。

春休みが始まったので、小学生の親子連れがたくさん来ていて、ちょっと賑やかだった。子どもたちが興味を持ちそうな展示内容だ。

昨日の見てきた茨城県立自然博物館の企画展ともつながるような展示で、ユーラシア大陸からアメリカ大陸に渡りアマゾンに辿り着いた動物についても展示があった。

科学博物館の展示は、映像以外は著作権の問題がないので、撮影可なのが良い。

アマゾンの生物はまだまだ調査が進められていて、新種が記載されていて、生物の多様性は知っていても、展示に圧倒される。

入り口にはアマゾンの化石の展示があって、トンボやチャバネゴキブリの化石もあった。

150325_10

あたりまえだけれど哺乳類も多くサル、アリクイ、アルマジロ、ナマケモノ、メガネグマ、タテガミオオカミ、ネズミの仲間などの剥製も多数。

150325_11

狐がいるのは知らなかった。

150325_12

鳥類も多様な剥製を見ることができる。

150325_13

モルフォチョウ標本も多数あって、羽が構造色で見る角度で色が変わるのがよく分かる。

150325_14

タランチュラよりも大きく、30cm近くあるトリクイグモは迫力がある。

150325_15

アマゾン川の魚やイルカ類も多数展示されていた。水族館で展示していない魚類も剥製や液浸標本が多数。

150325_16

この特別展の魚をさかなくんがアマゾンまで採りに行ったらしく、魚の水槽の上にさかなくんの描いたピラニアの絵があった。

150325_18

インディオの装束など文化人類学に関する展示もある。

150325_17

|

« 上野公園で早めの花見 | トップページ | 刀削麺の王様で担々麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館:大アマゾン展:

« 上野公園で早めの花見 | トップページ | 刀削麺の王様で担々麺 »