« ザンギと手打ちそば | トップページ | 今日の飛びもの TL Ultralight社のTL 2000 Sting Carbon »

2015/04/12

春のダムと海岸を巡った

150412_1

今日は「世界宇宙飛行の日」、「パンの日」。

久しぶりに仲間と遠出のバードウォッチングにでかけた。城里町の藤井ダム、笠間市の飯田ダム、大洗町の涸沼、大洗漁港、ひたちなか市の平磯海岸と回って帰ってきた。

藤井ダムでは、山の高いところの山桜は散っていたが、冷え込んだためかまだ山桜が残っているところがあった。一週間早く来たなら山が山桜に彩られて絶景だったのではないだろうか。

夏鳥の本格的な渡りはまだのようで、ツバメとサシバが目立つ程度だった。

途中、城里町の小松寺に枝垂れ桜を見に寄ったが、もう葉桜になっていた。小松寺は、行基の開山で、平重盛公墳墓があるということだ。

150412_2

小松寺の観音堂は建久五年(1194年)に建立されたということで、中には十一面観音立像が安置されているらしい。

150412_3

笠間市の飯田ダムは、平成2年に出来た重力式のコンクリートダムで比較的新しいダムだ。ダムを一周する4.8kmの散策路がある。冬期間毎月第3日曜日に日本野鳥の会茨城県の探鳥会が開催されている探鳥地だ。

150412_4

ダムの下流の景色はとても良い感じだ。

150412_5

散策路を歩いていたらミヤマセセリがでてきた。

150412_6

ひたちなか市平磯でカモメとカモを見ていたときに、沖をウミウの大きな群れが通過した。海面スレスレを飛んでいた。

150412_7

【観察した鳥】 キジ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ウミウ、アオサギ、オオバン、コチドリ、ハマシギ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ニシセグロカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、サシバ、コゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ 52種+コジュケイ、ドバト、ソウシチョウ、ガビチョウ

|

« ザンギと手打ちそば | トップページ | 今日の飛びもの TL Ultralight社のTL 2000 Sting Carbon »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61430373

この記事へのトラックバック一覧です: 春のダムと海岸を巡った:

« ザンギと手打ちそば | トップページ | 今日の飛びもの TL Ultralight社のTL 2000 Sting Carbon »