« 庭にカントウタンポポがあった | トップページ | 「風の谷のナウシカ」を読む »

2015/04/06

阿川佐和子「聞く力」

遅ればせながら2013年発行のエッセイストでタレントの阿川佐和子さんの「聞く力―心をひらく35のヒント」を読了。

非常に読みやすく3時間ほどしかかからなかった。

週刊文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」は一時毎週読んでいたので、なかなかインタビューが上手だと思う。

人の話を聞くためのヒントということになっているけれど、週刊文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」を中心に、これまで阿川さんが経験したインタビューの裏話という読み方としても面白かった。

きたきつねはへそ曲がりなので、一番良いと思ったのはまえがきで、特に高校生の聞き書きコンテストの話だった。一般の人は、自分の仕事や暮らしの話を家族、ましてや他人にすることはないけれど、聞いて欲しいと思っているという話だ。

有名人は、何度もインタビューを受けて印刷物にもなっているけれど、市井の人々は、自分史を書くひとはそれほど多くないし、インタビューを受けることはほとんどないから、高校生の聞き書きは非常に良かったようだ。

知り合いが、地域の老人に昔の暮らしの聞き書きを作ったのを知っているが、家族も知らない話も多く、話を聞いた老人は印刷物になって非常に喜んでいたということだ。

老人が亡くなったときにも、家族にとって非常に良い記録になったと感謝されたらしい。

|

« 庭にカントウタンポポがあった | トップページ | 「風の谷のナウシカ」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61400444

この記事へのトラックバック一覧です: 阿川佐和子「聞く力」:

« 庭にカントウタンポポがあった | トップページ | 「風の谷のナウシカ」を読む »