« 雑司が谷鬼子母神&大鳥神社:手創り市 | トップページ | 痛みで左足が満足に動かない »

2015/05/17

東京国立博物館:特別展「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」

150517_4

帰り道上野公園の東京国立博物館で開催中の特別展「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」を見たいのだけれど、相当混雑しているというので、混雑状態を見にいってみた。こんな時に、いつでも入場できるパスポートが便利だ。

入り口で入場まで100分とあったので、平成館の方を見てみるとそれほどの行列ではなかった。これまでの経験では、30分位の待ち時間の感じだったので、展示を見ることにして並んだ。

予測通り、35分で入場できた。第一会場と第二会場は、鳥獣戯画甲巻のところを除いてそれほどの混雑もなく、すんなりと見終えることができた。

甲巻の列に並んだところ140分待ちということで、これもそれほどかからないだろうと思ったのが大誤算だった。結局、鳥獣戯画甲巻にたどり着くまでに150分もかかってしまった。見終わって博物館を出るまで、入場してから4時間20分もかかってしまった。

150517_6

展示自体は、非常に興味深いし、一級品を見ることができて、眼福なのだけれど、それにしても、8m程の甲巻を見るために2時間半はちょっとつらいものがある。

博物館を出た時は、閉館時間も過ぎ、夕闇が迫っていた。きたきつねが出てくる頃にもまだ100分以上の待ち時間だったから、最後尾が買えるのは午後8時を過ぎるのだろう。

いつも参観者は老人が多いのだけれど、今回の特別展は平均年齢が非常に低い感じで、いつもはあまり博物館に来ない若い人たちが多い印象だった。

長時間の待ち時間なのに、小さい子供を連れてきたひとがいて、かわいそうに飽きて疲れた子供が泣き叫んでいた。大混雑が予想されているのだから、見てもわからない小さい子供を連れてくるのは無理だと思う。

本館の特別一室に精巧な模写が展示されているということで、会期中に一度見に行ってこようと思う。

京都の栂尾高山寺といえば、デュークエイセスの「女ひとり」で知っているお寺で、まだ行ったことはない。もし高山寺行ったとしても国宝の「鳥獣戯画」や「華厳宗祖師絵伝」などを見ることが出来るとは限らないので、じっくりと見ることができて眼福だった。

足の調子が悪いのに、じっと立っていたので痛みが酷くなって、ほうほうの体で帰ってきた。帰りの電車で座れたのが幸いだった。

150517_5

|

« 雑司が谷鬼子母神&大鳥神社:手創り市 | トップページ | 痛みで左足が満足に動かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61605664

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館:特別展「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」:

« 雑司が谷鬼子母神&大鳥神社:手創り市 | トップページ | 痛みで左足が満足に動かない »