« 憲法解釈の変更は政府の裁量の範囲内? | トップページ | 久しぶりに遠出のバードウォッチング »

2015/06/06

雨上がりの里山散歩

150606_1

今日は二十四節気の「芒種」、七十二候の「蟷螂生ず」、「おけいこの日」、「コックさんの日」。

足の調子を見ながら雨上がりの里山散歩にでかけた。やはり、無理をしないということで途中で帰ってきた。

今年は例年よりもオオヨシキリの個体数が多いようだ。狭いアシ原なので、木の枝先でさえずっている。モズのオスが若鳥を3羽連れていて、まだ親からエサを貰っているようだ。

虫も順調に増えているようだ。

ヒメジャノメ

150606_2

ミドリシジミ

150606_3

ベニカミキリ

150606_4

ヨツボシホソバのメス

150606_5 キクラゲの一種

150606_6

【観察した鳥】 キジ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、ホトトギス、トビ、サシバ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、エナガ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、キビタキ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 27種

|

« 憲法解釈の変更は政府の裁量の範囲内? | トップページ | 久しぶりに遠出のバードウォッチング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61705127

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの里山散歩:

« 憲法解釈の変更は政府の裁量の範囲内? | トップページ | 久しぶりに遠出のバードウォッチング »