« タバコ畑を見るのは久しぶり | トップページ | グレートラバース 日本百名山一筆書き踏破 »

2015/07/29

フィールドスコープが壊れた

150729_1

今日は「アマチュア無線の日」。

久しぶりに昔の職場の仲間と昼間から麻雀。珍しく、ツキが回ってきたらしく大賞。清一色・断么九・対々和・三暗刻を和了れた。自摸れば四暗刻。その直後にも対々和・三暗刻を聴牌するなど、恐ろしいほどだった。

昨日、鳥を見に行った時にバードウォッチングに長年愛用してきたニコンのフィールドスコープⅡ(FIeldscopeⅡ)のレンズの中でカラカラ音がするのが気になっていたので、デイパックから取り出して、対物レンズの側から中を見るとネジが1本外れていた。

対物レンズを外してネジを取り出したけれど、どこから外れたのかわからない。ネジの油で汚れたのか、奥のレンズに黒い汚れれが着いていた。

フィールドスコープのレンズを外す時に、接眼レンズの部分でもカタカタ音がするので、接眼れずを外して中を見ると、ポロプリズムが固定が外れて動いていた。さらに、ミラーを固定する接着剤も割れていた。

150729_3

1989年の発売直後に購入して足掛け27年、何度も落下して、対物レンズのカバーが凹み、最初に買った接眼ズームレンズ曲がる程の衝撃を受けてきても、現役で活躍したのに、一気のガタが来たようだ。

接眼レンズも、ズーム接眼が壊れて仮のつもりで使ってきたもので、メガネを付けると見づらくなっていたので、そろそろ寿命かなと思っていたのを感じたのかもしれない。

150729_2

確かに最近の高額な望遠鏡に比べると、解像度は劣っているし、見た目もボロだけれど、このフィールドスコープは、雨や嵐を厭わずに各地で400種以上の野鳥を一緒に見てきた戦友だ。探鳥会でも活躍してくれた。

さて新しいフィールドスコープは必要だけれど、残りの時間を考えて悩むところだ。いつまで、バードウォッチングができるかと考えてしまう。

最近のバードウォッチング用の望遠鏡(フィールドスコープ)の性能の良さには驚くばかりだけれど、国産でも値段の高さに足がすくむ。

対物レンズの大きいものは、明るくて老化の進んだ目には適しているけれど、物理的に重いだけでなく、年金生活者の財布に響くことになる。

といって対物レンズの口径50mm位の軽くて、安いものは、老化した目ではよく見えない。昔出張の時にカバンに入れていた50mmのもの(プロミナー)は、朝夕やちょっと遠くなると一気に見づらくなって、あくまでもサブ機にしかならないようだ。

|

« タバコ畑を見るのは久しぶり | トップページ | グレートラバース 日本百名山一筆書き踏破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61984386

この記事へのトラックバック一覧です: フィールドスコープが壊れた:

« タバコ畑を見るのは久しぶり | トップページ | グレートラバース 日本百名山一筆書き踏破 »