« 半夏生 | トップページ | 激しい雨が降る一日 »

2015/07/02

とりぱん 18

岩手県で冬に野鳥に給餌する4コマ漫画「とりぱん」が18巻になった。2005年から週刊コミックモーニングに連載が始まって10年にもなる。

週刊の青年コミック誌にネーチャー系の4コマ漫画の連載が続いているのというのは興味深い。よく観察しているので、どんどん絵が自然になっている。

擬人化も随分抑えられていて、不自然な感じはなくなっている。冬以外の時期は、色々な動植物との出会いを楽しんでいるのも良い感じだ。

今巻のハイライトは、作者のとりのなん子さんが、アメリカ合衆国の西海岸とグランドキャニオンへの旅行の部分で、日本では見ることのできないアメリカの野鳥が登場する。ハチドリが見たくなった。

日本に帰ってきてから冬の給餌が始まって、また餌台を巡る冬鳥達の行動が活写される。餌台はどんどん進化して、ニューバージョンになった。

牛脂を紐で枝に縛っていてカラスに持って行かれているけれど、目の荒い金網を使えばいいのに。

|

« 半夏生 | トップページ | 激しい雨が降る一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/61828291

この記事へのトラックバック一覧です: とりぱん 18:

« 半夏生 | トップページ | 激しい雨が降る一日 »